地球に優しい

給湯器の耐用年数はおよそ10年です

給湯器の耐用年数は10年と言われています。ある日突然壊れてしまうこともあります。壊れると交換工事までに日数がかかることが多いようです。特に寒い冬場は給湯器の故障が増えるようで工事が重なります。壊れる前に交換したほうがいいでしょう。又、壊れる前には何かしらの異常があるようです。お湯の温度が安定しなくなったり、異音がしたり、お湯張りモードが使えなくなったりするようです。このような症状に心あたりがあれば、交換時期だと言えるかもしれません。給湯器にはガス、電気、石油を動力とするものにわかれます。どのタイプも今最も注目を集めるのが省エネ型の給湯器です。環境にも優しく、家計にも優しい新しいタイプの給湯器です。

二酸化炭素排出量も削減して地球にも優しい

ガス、電気、石油の給湯器それぞれにおいて、省エネ型給湯器の呼び名は違いますし、仕組みも多少異なります。ガスの場合は、お湯を沸かす際に出る排気熱を再利用してお湯を沸かします。そのため水から沸かすよりも少ないエネルギーで済みます。電気の場合は、空気の熱を冷媒で集めて圧縮することで高温になります。これを利用して水を温めます。石油の場合もガスと同様排気熱を利用します。どのしくみでも、二酸化炭素の排出量を大幅に削減できます。又、光熱費を1割以上削減できるようです。価格は従来型のものよりかは、やや高いようですが10年間使用することを考えると、高い買い物ではないでしょう。給湯器はインターネットでの購入や工事依頼が出来ます。アフターサービスもしてくれる業者に任せるのが安心です。